• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「ニューヨークで考えたこと③」

 短い旅の最大ミッションは、カップケーキの調査だった。カフェ経営をしている友人に、本場のデザインや売り方などを見て来てほしいと頼まれたのだ。
 実際、駅の売店やスーパー、ホテルでも、どこにでもカップケーキの売り場があった。客の目の前でクリームの装飾をしている店や、格調高く売る有名な専門店など、探し歩いて飽きることはなかった。
 だが驚いたのは「色」。子供たちが小さいころしばらく滞在したアラスカで、真っ青のクリームでコーティングされたバースデーケーキを見て仰天したことがある。そのころと変らず、ピンクや黄色は当然、青や紫の色素も抵抗なく使われていた。
 安全性の問題はなくても、日本人は食欲をそそられない。不思議な感覚の違いである。そしてクリームの絞り方や装飾の粗雑も気になった。和洋ともに日本の菓子はなんと美しいのか、いや丁寧なのかと思わずにいられなかった。私たちは「丁寧」を幼いころから学んでいるのだ。そう思う場面は他にもあった。
 年末はバーゲンの季節でもあった。気軽な量販店だけでなく、有名老舗百貨店でも目を疑ったのは靴売り場。試し履きした靴はすべて放置。床中が履き散らかした靴で埋まっている。何枚か写真を撮ったが、「惨事」すぎてこの欄には載せられない。大の大人が元に戻さない。驚愕だった。道徳教育が希薄になったと嘆く向きもあるが、日本人は立派だと、少なくともアメリカの靴売り場で私は思った。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会