函館新聞電子版

函館新聞電子版

函館
6時12時18時
天気

暮らしのパレット「冬の足音」

     駅から大学に向かう一本道は雪虫の群舞。目や口に容赦なく入るし、髪やコートについて離れない。学生たちの悲鳴交じりの大騒ぎは大学まで続いた。
     雪虫とは優雅な呼び名だが、ワタ状の物質をまとったアブラムシである。彼らが飛ぶとおよそ2~3週間で雪が降り、本格的な冬に向かう。1週間以上前から少しずつ飛んでいたが、この群舞には参った。「冬になるぞ」「覚悟しろよ」とあざ笑われているような気にさえなった。避けられない冬だから覚悟はしているが、問題はその季節の長さである。本州の桜が散るまで、私たちは半年近く雪に埋もれて暮らさなければならない。
     それに比べて、かつて暮らした広島はよかった。サザンカの咲く道、水仙の香り、梅のほころび…。冬は色も香りも豊かだった。そう思うとため息しか出ない。北国での生活の不利な点ばかりが浮かぶ。
     だが、スーパーで生のイクラや鮭を見ていたら少し気が晴れた。ないモノをねだっても仕方ない。広島の魚屋にはこんな光景はあるまい。そして広島の夏の暑さはただごとではない。冬くらい快適でもよいだろう。もみじ饅頭(まんじゅう)はあってもベコモチはない。安芸の宮島は自慢だろうが、歴史は浅くても豊かな大地がこちらにはある。
     そうだ、そちらにはそちら、こちらにはこちらの暮らし方がある。生かされている土地での生活は評価しておう歌しよう。よし、イクラをつくろう!(生活デザイナー)

        暮らしのパレット

        最新記事

        4月28日の天気

        函館新聞 電子版 お申込み
        ご購読申し込み月は無料

        函館新聞宅配購読お申込み

        お試し(1週間)もございます。

        フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

        2017 大学進学説明会

        ニュースカレンダー

        紙面ビューア

        函館新聞紙面

        4月28日の紙面

        紙面ビューア

        デジタル紙面を見るにはログインする必要があります。

        ハコラク
        名産市場