函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

酒米収穫スタート 七飯の箱館醸蔵「上々の出来」

 【七飯】七飯町大中山1で新たな酒蔵を建設中の箱館醸蔵(冨原節子社長)は20日、町中野の栽培圃場(ほじょう)で酒米の収穫を始めた。酒造好適米「彗星(すいせい)」を刈り取り、新しい酒造りへの意欲を新たにした。
 冨原亮道議(渡島総合振興局区)や鳴海拓史渡島総合振興局長、中宮安一七飯町長ら約20人が参加し、稲穂刈り初めの神事を行った。三嶋神社の水嶋恵嗣宮司が祝詞(のりと)を奏上し、参加者が鎌で稲を丁寧に収穫した。新酒で乾杯し、豊穣の秋を祝った。
 圃場は杉村久悦さん(68)が作る「彗星」約70アール。杉村さんは「今年初めて酒米を作ったが、出来は上々」と話した。
 今年は町内の農家5戸が「彗星」「吟風(ぎんぷう)」を計6ヘクタール作付け、30トンを収穫予定。来年からは「きたしずく」も加わり、3品種18・5ヘクタールで90トンを収穫する計画。同社は酒米90トンを原料に、年間100キロリットルの清酒造りを目指す。
 醸造責任者の東谷浩樹杜氏(とうじ)(52)は「全ての熱意を色濃く反映した『淡麗旨口』の酒を表現できるよう努力する。道南活性化の一助になるよう事業を進めていきたい」と決意を述べた。中宮町長は「酒蔵の見学など子どもたちの教育に生かせると期待している。酒かすは体に良いので、町内の洋菓子店と連携し別の産業の振興にもつなげたい」と力を込めた。
 同社は道南で35年ぶりの日本酒造りに新規参入。来年2月から醸造を始め、3月下旬~4月上旬に新商品が出来上がる予定。(山崎大和)

      一次産業











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト