• 動画ニュース
    今年はひと味違う「五稜星の夢イルミネーション」
  • 動画ニュース
    2022はこだてクリスマスファンタジー開幕
  • 12月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

気さくな人柄 函館でもしのぶ アントニオ猪木さん死去

 1日に亡くなった元プロレスラー、アントニオ猪木さん(享年79)は現役時代の試合のみならず、初の主演映画のロケやプライベートで何度も函館を訪れた。気さくな人柄で交流を深め、思い出を作った市民からは追悼の言葉が聞かれた。
 子どものころから猪木さんの試合を見ていたという、プロレス団体「道南リング」代表のプロレスラー・カツオ選手(36)は「小学生の時に猪木さんの自伝で読書感想文を書いた。猪木さんがタレントや国会議員で活躍して世間にプロレスを広めたように、自分も道南に広めて元気を届けたい」と力を込めた。
 2008年6月には函館ゆかりの芥川賞作家、辻仁成さんが監督を務める映画「ACACIA(アカシア)」(10年公開)のロケで来函。団地に住む初老の元覆面レスラーという役柄で、日吉町4にあった市営住宅にはリングも作られた。当時の西尾正範市長を辻監督と表敬訪問し、「はこだて観光大使」の委嘱を受けた。函館市青函連絡船記念館摩周丸では夜釣りのシーンを撮影。同館指定管理者の高橋摂事務局長(68)は「威張らず、プロレスラーというオーラはなく寡黙に撮影に取り組み俳優らしさを感じた」と話す。
 猪木さんはイベントなどで一般人から依頼を受け、右の張り手で顔面を叩く「闘魂注入ビンタ」が定着した時期もあった。市末広町の函館ビアホールでは約10年前、猪木さんがビールを楽しむ傍ら、客の依頼で闘魂注入を求める列ができたことも。後藤敏一総支配人(56)は「自然な雰囲気で始まり店内が盛り上がった。希望者を整理したことを思い出し、胸が熱くなった」と話す。
 市内若松町で海産物を販売する栄屋の遠山滋社長(67)は「約15年前に来店されてからの親交。具合が悪いと聞いてからは好物のカニやメロンを年に数回贈り喜ばれた。従業員全員に闘魂注入してもらいみんな喜んでいた。本当に悲しい」としのんだ。(山崎純一、小杉貴洋)










      最新記事











      トピックス







      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(12月4日)

      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 三浦水産と専務の男 金融商品取引法違反で起訴
      2. 渡島管内の仏国籍の男 大麻取締法違反で検挙
      3. 佐藤・高橋組が1位 卓球ファミリー交流大会1~2位グループ
      4. 五稜星の夢で花火打ち上げ
      5. 函館で466人感染 1人死亡
      6. スナップ・アイ スポーツグラフ
      7. ファッションから福祉や多様性語る 鶴田能史さん講演会
      8. 獨逸家孤逸さん最後の高座
      9. 江差の国道227号で軽自動車と乗用車の衝突事故
      10. 会社が管理するテレビなど盗む 窃盗容疑で男逮捕

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      12月 4日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト