函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

函館出身機動救難士重金さん 100キロ行軍を完遂

 海上保安庁函館航空基地(函館市赤坂町)の新人機動救難士、重金勇作さん(28)が25日、新任隊員の訓練の総仕上げとして24時間以内で100キロを歩く「100キロ行軍」に臨んだ。森町砂原から雪の降る中を夜通し歩き、26日朝、22時間40分で函館航空基地に到着。3月1日に機動救難服を貸与され、24時間体制の出動任務につく。(神部 造)
 重金さんは函館市出身。2012年に海上保安学校を卒業後、潜水士を経て昨年4月に同基地に配属され、ヘリコプターからの降下、吊り上げ、救急、潜水などの訓練を重ねてきた。
同基地では厳冬期に100キロ行軍を実施するのは初めてで、例年は松前町から函館航空基地まで歩くが、今回は積雪を考慮してコースを変更した。
 25日午前10時に道の駅「つど~る・プラザ・さわら」をスタート。午後5時ごろ、函館市臼尻町あたりから雪が降り始め、視界がきかないほどの激しい雪と暗闇の中、寒さに耐えながら歩いた。
 日付が変わり26日午前8時40分、函館航空基地に到着。待ち構えていた職員30人から拍手で迎えられ、長縄跳び10回をさせられる手荒い祝福を受けた。
 10回を跳びきった重金さんは、満面の笑顔でガッツポーズ。「歩いている間、今までのつらい訓練を思い出していたが、100キロ行軍が一番つらかった」と振り返った。同基地機動救難隊の山浦康之隊長は「苦難を乗り越えた自信を糧に、隊員として頑張ってほしい」と期待を寄せる。

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト