函館新聞電子版

暴風雪、交通機関の混乱相次ぐ 8日も鉄道への影響続く

 函館地方気象台によると、低気圧が発達しながら北海道付近を通過する影響で、渡島・桧山地方は7日夜遅くから8日明け方にかけて雪を伴う風が非常に強く、海は大しけとなる見込み。鉄路では7日午後から特急などが運休となったほか、空の便も欠航が相次いだ。交通機関の混乱は8日も続く見通し。(神部造、山崎純一)
 JRは7日、函館―札幌間の特急北斗13号から24号までが全区間運休。普通列車も函館―長万部間を午後から運転を見合わせたため、12本を運休した。8日にも同区間の普通列車23本と特急北斗1号から12号までの全区間運休を決めている。
 道南いさりび鉄道は、午後2時ごろから上磯―木古内間で運転を見合わせ、普通列車11本を運休した。8日も同区間の4本を運休する。
 空の便では、全日空(ANA)とエア・ドゥは東京、札幌、大阪、名古屋の各路線の8往復16便を欠航、計456人に影響した。日本航空(JAL)は函館―丘珠間の2往復4便を欠航し約60人に影響した。
 フェリーは津軽海峡フェリーが函館発大間行きの1便を欠航。8日も午前7時大間発函館行きの便の欠航を決めている。
 同気象台は8日いっぱい強い冬型の気圧配置が続くとみて、江差、奥尻島などの日本海側を中心に強風、高波に警戒を呼び掛けている。

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト