函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

「平穏無事」願い込めて 函館西高書道部が奉納揮毫

 国連が定める「国際平和デー」の21日、函館護国神社(大橋幸生宮司)で函館西高校書道部(顧問・天満谷貴之教諭)による世界平和と新型コロナウイルス終息を願う奉納揮毫(きごう)が行われた。1、2年生の部員8人が平和で穏やかな社会になるよう祈り、筆に思いを込めた。
 国内外で書道など和文化を通じて、地域活性化や平和思想の発信に取り組む「和プロジェクトTAISHI」(愛知)が同日全国一斉に行った取り組みで、今年で4回目。全国48の護国神社と靖国神社(東京)、広島、長崎の平和公園を会場に、各地の書家と全国47校の高校書道部員が揮毫に臨んだ。
 この日は揮毫前に部員らが参拝し、玉串を納めた。部員は1・2メートル×3メートルの大きさの紙に、早く今まで通りの生活が戻るようにと「平穏無事」という言葉を部員が1文字ずつ担当し、勢い良く筆を走らせた。ほかの部員も色紙に「世界平和」としたため、書家である天満谷教諭は「以和為貴(和をもって貴しと為す)」と流れるような筆使いで書き上げた。
 同部2年の梶浦果歩さん(16)は「コロナ禍で少しでも多くの人が笑顔になればと筆をとった。部員みんなで世界平和を願いながら書き、良い書になった」と話していた。(飯尾遼太)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト