函館新聞電子版

お魚お絵かき教室 小学生8人が参加 朝市ミニ水族館

 函館朝市えきに市場の「ミニ水族館」の魚を描く小学生対象の「お魚お絵かき教室」(はこだて海の教室実行委主催)が30日に開かれた。函館市内の小学生8人が参加し、水槽で泳いでいる魚や海藻を題材にした水彩画を仕上げた。
 ミニ水族館は、市民や観光客に函館の海の豊かさをPRしようと、実行委が昨年7月に設置。4基の水槽にアイナメやカレイなど近海に生息する魚のほか、マコンブやヒジキなどの海藻も展示している。
 教室では、市内在住の絵本作家、こがめいづるさんのアドバイスを受けながら、子どもたちが水槽の前でお気に入りの魚を下書きし、市場2階の会議室で色を付けるなどして、かわいらしい絵を完成させた。
 函館北昭和小学校1年の桃井七望さん(7)は「お腹の吸盤を使い、水槽に張り付いている魚がかわいかった。絵は難しいけれど描いていて楽しかった」と笑顔を見せていた。
 実行委は9月13、21日にも教室を開く。両日とも午後2時~同3時半。参加費300円、定員10人(先着順)。申し込みは実行委事務局(0138・86・7602)へ。(金子真人)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト