函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

函館空襲で撃沈の駆逐艦「橘」慰霊祭/戦死者の冥福祈る

 1945(昭和20)年7月14日の函館空襲で戦没した駆逐艦「橘」の犠牲者を供養する慰霊祭が11日、函館護国神社(大橋幸生宮司)で行われた。同艦にゆかりのある人ら6人が参列し、冥福を祈った。
 青函連絡船などの護衛に当たっていた同艦は、来襲した米軍機に対して函館湾内で唯一応戦したが、撃沈され、生存者は主に茂辺地周辺で救出された。市民有志らが1991年に同神社境内に建立した慰霊碑には乗組員280人中140人が死亡したことが刻まれ、毎年、慰霊祭が行われている。
 これまでは関東圏などに住む元乗組員や遺族らが参列していたが、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、規模を縮小して市内に住む関係者だけで執り行った。
 慰霊祭では、参列者が玉ぐしをささげて冥福を祈るとともに、平和への気持ちを新たにした。終了後には慰霊碑にも静かに手を合わせた。父の杏一さんが慰霊碑の建立を呼び掛けたという岡本歩さん(66)は「風化させないためにも毎年参列したい」と話していた。(小杉貴洋)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト