函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特別企画
    新型コロナに負けない!
  • 新型コロナで頑張る人へ
    メッセージ募集
  • クマ出没マップ
    出没マップ

函館山で早くも「カタクリ」咲く

 函館市青柳町の函館山登山道入り口付近で、早くもカタクリ(カタカゴ=堅香子)が咲き始めた。淡い紫色の花が風に揺れ、山の春到来が本格化していることを告げている。
 カタクリの花の大きさは約5センチ。約10センチの高さから花びらがそり返るように下向きに咲くのが特徴。気温の低い時や夜に閉じてしまい、この日はほとんどが閉じている状態だった。
 昨年の改元では「万葉集」から出典され「令和」となったが、大伴家持が「もののふの 八十娘子らが 汲みまがふ 寺井の上の堅香子の花」と詠んでいる。
 花は種が根付いてから咲くまで約7年かかるとされ、約1週間咲き続ける。(山崎純一)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト