函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月プレゼント
    映画鑑賞券

何か物足りない摩周丸ない風景 26日に修理から戻る

 函館市西部地区の観光スポット、八幡坂から眺める光景で何か物足りなさを感じる。坂の奥に見える函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸(若松町)が船体塗装などの修繕のため、函館どつくに入渠(にゅうきょ)しているためだ。
 摩周丸は5日、17年ぶりに若松埠頭(ふとう)をタグボートに引かれて離れ、約1時間半後に函館どつくへ到着した。修繕工事は汚れが目立っていた船体外板の塗装など。
 関係者によると26日に戻ってくる予定で、その後、2018年9月の台風21号の影響で切断したチェーン1本を付け直すなどし、3月6日からの開館を予定している。(山崎純一)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト