函館新聞電子版

  • 選挙
    参院選2022
  • 7月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 2022年の写真
    写真の日プロジェクト
  • 延期のお知らせ
    函館港花火大会
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況
  • 高校野球
    夏季大会

小惑星の恒星食観測できず…道南地域でサイエンスチーム

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が進める小惑星「フェートン」の探査機「DESTINY+(デスティニープラス)」のサイエンスチームは22日午前3時45分ごろ、函館市など道南地域でフェートンがぎょしゃ座の1等星カペラの近くの星の前を通過し、光をさえぎる現象(恒星食)の観測を行った。
 結果、天候不良のため全ての地点で観測できなかったが、同チームの千葉工業大学の荒井朋子主席研究員は「天気さえよければ観測できる体制だっただけに残念。今回の教訓を生かしたい」と前を向いた。
 観測はフェートンが通過し、光をさえぎる時刻と時間を正確に計測し、約0・5秒と肉眼で捉えるのは難しい現象をカメラ搭載の望遠鏡で録画して大きさや形状を割り出し、探査機計画の一助とする狙い。当初、市内と北斗市、七飯町に17カ所の観測地点を設けたが、天候悪化から江差町、乙部町付近の日本海沿岸部に地点を移動した。
 このうち、函館中部高校(田尻勝敏校長)では、同校に設置されている口径30センチの反射望遠鏡で観測。20日には観測準備の様子を地学部員10人が見学した。平沢岳大部長(16)は「観測には精密な計算が必要だと学んだ。貴重な機会に立ち会えてうれしい」と話していた。
 今後に向け、荒井主任研究員は「地球上で年一回程度は観測できる現象。チャンスがあれば今後も挑戦していきたい」と意気込んだ。(飯尾遼太)










      最新記事











      トピックス







      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(7月3日)

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 江差かもめ島まつり3年ぶり開幕 イベント楽しむ
      2. 市函、函大柏稜が代表決定戦へ
      3. 市函 流れを引き寄せ8回勝ち越し
      4. 翔大鋼業、北洋銀のSDGs私募債発行
      5. 箱館会が函館マラソン出場者出迎え
      6. 函大柏稜 終盤引き離しコールド
      7. 函館新聞からのお知らせ/「函館港花火大会」延期します
      8. 市政はこだて1000号到達 創刊から72年
      9. 男性がセメント工場所有の土管に転落、死亡確認
      10. マイナカード臨時窓口が丸井今井函館店にオープン

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      7月 3日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト