• 採用情報
    函館新聞社

函館海上冬花火始まる 10日も開催予定

 「函館海上冬花火2019」(実行委主催)が9日、函館港豊川埠頭(ふとう)沖で行われた。冬の澄み切った夜空に2000発の花火が打ち上がり、市民や観光客を魅了した。10日も午後8時から行われる予定。
 冬の函館観光を盛り上げる「はこだて冬フェスティバル」の一環として毎年開催。今年は8日が初日の予定だったが、強風と高波で花火を打ち上げる船が出航できず中止となっていた。
 9日は飛行機の遅れの影響で午後8時の予定より10分ほど繰り下げて開始。会場周辺には大勢の観客が訪れ、真冬の花火を楽しんでいた。横浜市の自営業、木下佐和子さん(36)は「花火に合わせて家族5人で旅行に来た。冬に見る花火は色がとても鮮やかできれいだった」と話していた。(金子真人)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora