カピバラの赤ちゃん見に来てね 1日から「ジャンゴー」で公開

 動物との触れ合いが楽しめるフリースペース「ジャンゴー」(函館市昭和3、ベガスベガス函館昭和店併設)は、同施設で生まれたカピバラの赤ちゃん4匹を1日から一般公開する。簗めぐみ飼育員は「愛らしい姿をぜひ見に来てほしい」と来場を呼び掛けている。
 同施設は2015年12月にアニマルカフェとしオープン。4匹のペンギンと2匹のカピバラのほか、フクロウや爬虫(はちゅう)類と触れ合うことのできる場所として注目を集めた。17年4月からは自由に出入りが可能なフリースペースへと業態を転換。引き続きペンギンとカピバラを中心に公開し、動物好きの憩いの場所として定着している。
 このうち雄のカッピーと雌のぱび子のカピバラ夫妻は、約半年ごとに出産を繰り返し、8月23日にも4匹が誕生。出産直後は親子ともにナーバスな状態のため非公開としていたが、順調に成長していることから公開に踏み切る。
 南米原産のカピバラは、ネズミやリスと同じげっ歯類最大の種で、愛らしい表情やユーモラスなしぐさで人気を集めている。同施設では、親子で一緒に水浴びする姿などを至近距離から見ることができる。
 簗飼育員によると、飼育スペースが限られているため、これまで生まれたカピバラは、生後2~3カ月程度に成長すると、「ノースサファリサッポロ」(札幌市)などの他施設に譲渡してきたという。「今回生まれた赤ちゃんも、将来的には函館を離れることになるので、この機会にかわいい姿を目に焼き付けてほしい」と話している。
 営業時間は午前11時~午後6時。入場は無料だが、餌やり体験など一部有料のものも。問い合わせは同施設(0138・45・7266)へ。(小川俊之)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会