• 採用情報
    函館新聞社

彫刻家の流政之氏死去 道南各地に多くの作品残す

 2001年9月の米同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置された「雲の砦(とりで)」などで知られる彫刻家の流政之(ながれ・まさゆき)氏が7日午前、老衰のため死去した。95歳だった。葬儀は本人の希望で行わなかった。
 長崎県生まれ。第2次大戦から復員後、独学で彫刻を学び、作品の深い精神性が国内外で高く評価された。
 道南各地にも数多くの作品を残した。03年にはJR函館駅連絡通路の「きのうの敵はあすの友 箱館解放1868年」を手掛け、高田屋嘉兵衛や土方歳三、青函連絡船、歴代駅舎などを1165枚の陶板レリーフで表現した。
 旧海軍では零式艦上戦闘機(零戦)のパイロットとして終戦を迎えた。七飯町東大沼で監修した彫刻公園「ストーンクレージーの森」で06年8月に、戦死した仲間を追悼する巨大石による作品「もどり雲」が完成。JR北海道会長の故坂本眞一さんが呼び掛けて、戦友の茶道裏千家大宗匠・千玄室氏(95)との再会が実現した。
 10年8月には、もどり雲の前で「函館・大沼平和の祈り」が開催され、流氏が作った点茶盤で千氏がたてた茶をささげた。裏千家淡交会函館支部で当時、幹事長だった鈴木宗文参与は「大宗匠と流先生にお座りいただく場所の準備のため、何度も大沼に通いました。当日の朝までものすごい雨でしたが、野だてのころには見事に晴れたことを思い出します」と話していた。(今井正一)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会