道南の7月雨ばかり イベント主催者や小売店やきもき

 渡島・桧山地方は7月に入り前線などの影響で降水量が多く、日照時間が少ない状態が続いている。上旬(1~10日)の降水量が、すでに7月の平年値を上回っている所が多く、日照時間が平年の1割に満たない地点も多い。函館市内では雨や多湿に備える用品の売れ行きは伸びておらず、近づく夏に向け天候回復に期待が高まっている。
 5日に台風から変わった温帯低気圧が通過したほか、前線や低気圧の影響で雨の日が多くなっている。気象庁の速報値によると上旬の降水量は、森、七飯町大沼、福島町千軒以外はすでに月平年値を上回っている。この間の日照不足も顕著で、函館市美原は3・7時間で平年の8%、八雲町八雲は0・8時間で同じく2%にとどまっている。
 ホームセンターのイエローグローブ各店には除湿機やクローゼットなどの除湿剤、雨具類、熱中症対策の冷感グッズなども取りそろえるが、全般的に動きは良くないという。運営するテーオーリテイリング店舗強化部の後藤崇生マネジャー(49)は「除草剤などの園芸用品が伸びる時期だが天候の影響を受けている。エアコンは取り付け工事にも時間がかかるので、暑くなる前の今がお勧め」とし、「夏休みを控えているので天候が回復し、行楽用品や海水浴関連の売れ行きに期待したい」としている。
 13日に第31回公演の初日を迎えるNPO法人市民創作「函館野外劇」の会の里見泰彦事務局長(75)も天候の行方に気をもむ一人。開幕初日はオープニングセレモニーを予定しているが、2日目以降への延期はない。里見事務局長は「少々の雨なら公演は実施するが、天気が気になるとお客さんも楽しめないだろう。天候回復を祈るだけです」と話している。(今井正一、山崎純一)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会