• 採用情報
    函館新聞社

返送されたマイナンバー、函館市が交付の臨時窓口開設

 函館市は10日、郵便局の保管期間を過ぎるなどして返送された、マイナンバーを記載する通知カードが入った簡易書留の交付を開始する。業務が落ち着くまで、市役所本庁舎1階に専用の臨時窓口を設置して対応。市は1世帯当たりの手続きに10~15分ほどかかるとみており「窓口の混雑が予想されるため、時間に余裕を持って来庁してほしい」としている。
 書類の宛先は10月5日時点の住民票の住所で、転居後に住民票を移していなかったり7日間の郵便局の保管期間を過ぎたりした場合、市区町村の窓口に返送される。市の住民基本台帳登録世帯分約14万4000通のうち、返送が完了した11月30日現在で、約1割の1万4883通が戻ってきた。
 窓口での受け取りには、印鑑と本人確認書類が必要。運転免許証やパスポートなど顔写真があるものはいずれか1点で、写真がない場合は2点持参する。代理人が受け取る場合は、本人からの委任状(市ホームページからダウンロード可能)などが必要となる。
 市は管理業務の徹底と想定以上の返送件数だったことから、書類の情報登録や選別を終わらせてから一斉に交付を開始する。全体の1割に当たる1388通の返送があった七飯町は、役場に戻り始めた日の翌日からスタート。北斗市も順次始めているが、市総合分庁舎など計4カ所で作業を行い、8日までに返送された書類の33%に当たる775通を渡し終えた。
 臨時窓口は、市戸籍住民課の住民表示窓口(10番窓口)横に設置、平日午前8時45分から午後5時半まで。書類は来年3月まで保管する。問い合わせは同課(☎0138・21・3745)へ。
      (蝦名達也)

      社会

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会