• 掲載
    写真の日プロジェクト

「そろばん道路」なぜできる? 前兆に波状路面、融雪しやすい気温

 除雪が行き届かなかった今冬の函館市内では悪化した路面が渋滞を招き、多くの市民を悩ませてきた。特に通行量の多い幹線道路や交差点付近には、玉状の氷塊が連なる「そろばん道路」が発生。2日の降雪で再び圧雪路面となった3日朝にも「そろばん」が復活した場所も見られた。気温が上昇しても氷塊は解けにくく、しばらくは車の走行にも注意が必要だ。
 積雪寒冷地におけるさまざまな開発技術の研究を進める北海道開発技術センター(札幌)の永田泰浩首席研究員(44)らは長年、そろばん道路について調べている。永田さんは「発生にはまだ分からないことが多いが、車の走行による振動と、タイヤの圧力がかかる部分と抜ける部分の差が関係している」と推察する。
 これまでの研究や定点観測で、玉状の氷塊の発生の前兆として圧雪路面に波状のでこぼこが現れることや、気温が氷点下2~0度程度の雪が解けかかる状況下に発生しやすいことも分かったという。特に交差点付近で発生が目立つのは車が停止する際に路面に圧力がかかりやすいことが上げられるという。
 玉状の氷塊は見た目は小さいが、タイヤを乗り上げると、接地面積が極端に小さくなるためグリップが効かず、車の制動にも大きな影響を与える。周りの雪の部分が解けても地面に氷の部分だけが残りやすく、完全に解けるか、整地用の重機で削り取る以外に対策はないという。融雪期の道路状況について、永田さんは「シャーベット状になったり、湿潤路面であったり、橋の上や日陰などは注意が必要」としている。(今井正一)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      第22回 函館新聞社 函館港花火大会

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月19日の紙面

      紙面ビューア

      デジタル紙面を見るにはログインする必要があります。

      2018 大学進学説明会