• 秋季大会
    高校野球

GLAYライブ最終日、ファン熱狂 興奮冷めず

 GLAY凱旋ライブ最終日の24日、会場の函館アリーナは、冬の寒さも吹き飛ばすような熱気と歓声に包まれた。終演後も興奮は冷めず、会場入り口には大勢ファンが留まり余韻に浸っていた。
 宮城県から新幹線で訪れた調理師の兼安明菜さん(26)は「高校時代にGLAYに出会い、初めてライブに参戦できた。やっと会えたという思い」と感動の涙を流していた。東京から友人3人と来函した月東慶太郎さん(24)は、初日に続き2日連続でライブに参加。この日は自身の誕生日でもあり「好きな曲がたくさん聞けて、とても幸せな時間を過ごせた。最高の1日だった」と笑顔を見せる。
 母親とともにGLAYファンだという札幌市の高校2年生、仁科縁さん(17)は「最高の一言。また必ず函館でのライブに来たい」と興奮気味に話す。東京から訪れた自営業、井上充さん(43)は、「函館でのライブは特別。昔からGLAYが好きで、もうすぐ10歳になる息子に輝(テル)と名付けた。いつか息子も自分と同じようにGLAYを大好きになって欲しい」と目を細める。夫婦で参加した函館市の製造業、佐藤淳さん(36)は「曲に乗せて北海道新幹線のアニメーション映像を流したのが印象的だった。クリスマスイブに妻とライブを楽しむことができすごくうれしい」と声を弾ませる。
 埼玉県から訪れた銀行員馬場里美さん(54)は「今年のツアーは埼玉、新潟、札幌、函館を回ったが、どこのライブも最高だった」とうれしそうに話す。七飯町の会社員野中椋成さん(32)は「GLAYと函館市民が相思相愛のように感じたライブだった」と感無量の様子だった。
 GLAYのメンバーTERUが、ツイッターで紹介したことから人気に火がついたお菓子「ドン・デ・マカロニ」を製造する「やごし本舗」の村田優代表(36)も、最終日に参加。「高校時代からGLAYのコピーバンドをするほど好き。貴重な時間を過ごせた」と興奮気味に話していた。(野口賢清、柳元貴成)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会