• 6/14
    函新ウイークリーレビュー
  • 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

いざ冬支度、残暑の中で鉄板まきストーブづくり

 残暑の中、いざ冬支度―。函館市新川町28の「大和金属」(高岸良明社長)で、鉄板加工のまきストーブづくりが盛んだ。24日は工場内も蒸し暑い中、扇風機を回しながら職人が組み立て作業に汗を流した。
 同社のまきストーブづくりは68年目で、今季は7月1日から作業開始。厚さ0・6~0・8ミリの鉄板をパーツごとに機械でプレス。最後に職人が金づちで「トントントン」と熟練の技ではめ込んで仕上げる。一日の生産は120台ほど。
 出荷先は東北地方が6割、道内4割で今季は例年並みの約2万台を見込む。寒冷地は熱の強いタイプの「玉子型」が好まれ、新潟など寒さが和らぐ一帯は効率よく煮炊きもできる「(柱時計に似た)時計型」が人気だという。 
 同社によると価格競争のあおりを受けて、売り上げは減少傾向だが、一般住宅のほか、昔ながらの暖取りとして農漁業などの作業場で重宝されて根強い人気だ。高岸昌寛専務(41)は「まきストーブの良さは柔らかな温かさとすぐに熱が部屋中に伝わるところ」と話している。(田中陽介)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館に縄文拠点施設設置へ 道が素案 世界遺産センターに相当
      2. 窃盗容疑、中学教員を再逮捕 桔梗中でも発電機など
      3. 丸八石黒商店が破産開始決定 負債総額5000万円
      4. 老舗味めぐり 1962年/そば処 江戸八
      5. バジェット・レンタカー函館空港店/函館市民も気軽に利用を
      6. クマ目撃情報(七飯)
      7. 森町地域公共交通会議 函館バス砂原線廃止の意向
      8. 再発防止、対策に全力 八雲バス事故から1年
      9. 椴法華小で学年閉鎖 コロナ感染
      10. いかぽっぽ/遺愛女子中でオープンスクール、生徒たちと交流も

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月19日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト