• プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    夏の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

祈り込めた魂の舞、ギリヤークさん2年ぶり函館公演

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(87)が20日、千代台公園陸上競技場で開かれた「第22回ざいだんフェスティバル」に出演した。祈りを込めた演舞で、2年ぶりの函館公演を待ちわびた大勢の観客を引き込んだ。
 ギリヤークさんはパーキンソン病や脊柱管狭窄症と闘いながらトレーニングを続けてきた。曲がった腰を抑えながら「80歳を超えてから疲れて大変だが、この踊りと歓迎してくれる函館の皆さんが大好き」と語りかけ、函館公演実現の喜びを噛みしめた。
 38歳で初めて路上で踊り始め「来年の50周年に向けて、精魂込めて踊りたい」と宣言。赤いふんどしで「老人」、客を巻き込む「よされ節」、震災などで命を落とした人にささげる「念仏じょんがら」を披露。数珠を振り回し、頭から水をかぶり、観客の輪の中を転げ回った。演舞終了後には「来年も参加します」と力強く両手を突き上げた。(稲船優香)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月18日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019