函館新聞電子版

函館新聞電子版

函館
6時12時18時
天気

森町の3駅お別れ 役目終え3日で廃止

 【森】森町内にあるJR北海道函館線の3駅が、春のダイヤ改正に伴い3日付で廃止される。秀峰・駒ケ岳を望む風景に溶け込み、戦前、戦時中から地元住民の足として親しまれた。静かにその役目を終える3駅を、写真で紹介する(撮影はいずれも2月28日)。
 東山駅(駒ケ岳)は1943年(昭和18)年2月に東山信号場として開設。廃止3駅のうち、唯一の単線として機能している。駅舎は存在しないため、枕木を使った木製のホームのみ。ホーム横には防風林があったが、昨年8月の台風10号で倒木の被害を受けた。
 姫川駅(姫川)は1913(大正2)年に姫川信号場として開業。JR北海道発足と同時に駅に昇格し、91年に現駅舎に改築された。明治期、尾白内川に「姫橋」「姫川教授場」があったことから姫川という地名になり、そこから駅名を取ったという。
 桂川駅(鷲ノ木)は、1944(昭和19)年に信号場として開設。87年に駅となった。旧幕府軍の上陸地に近く、ホームからは海と駒ケ岳が見られる。
 JRによると、3駅はいずれも1日の平均乗降人数が1人以下。2014年の江差線廃止以来、道南の駅がまた一つ、ともしびを消す。(稲船優香)

      社会

      最新記事

      12月15日の天気

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      12月15日の紙面

      紙面ビューア

      デジタル紙面を見るにはログインする必要があります。

      名産市場
      2017大学進学説明会