• 採用情報
    函館新聞社

越冬メークイン 甘み抜群

 【厚沢部】厚沢部町社の山の板坂農園(板坂阡一社長)の圃場(ほじょう)で6日、越冬メークインの掘り出し作業が始まった。雪を利用した低温貯蔵により甘みが増し、一段とおいしくなる。選別して箱詰め後、東京の百貨店などに出荷する。
 板坂さんは食用メークインを約15ヘクタール作付け、見た目がきれいで甘くて味が濃いのが特徴。道南ブランドとして、道内外の料理人や百貨店のバイヤーから引き合いがあり、冬季商材には欠かせない存在だ。
 12月初めに専用袋に入れたメークインを土中に並べ、水分の付着を防ぐ幅1メートルのビニールを上に掛け、土で覆う。温度は凍結しないプラスに保っており、今年は約60トンを貯蔵している。
 この日は重機で丁寧に雪や土を取り除くと、専用袋の中からメークインが顔を出した。3月まで6、7回に分けて掘り出す予定。
 板坂社長は「塩煮やシチュー、コロッケにして食べると、甘みとまろやかな味が楽しめる。年々人気が高まっており、息子(峰行さん)と一緒に面積を拡大したい」と意欲的だ。(山崎大和)

      社会

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会