• 6/14
    函新ウイークリーレビュー
  • 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

ペリー提督来航170周年 献花などで来航の功績たたえる

 函館日米協会(中野晋会長)が主催する「ペリー提督箱館来航170周年記念行事」が17日、函館市内で行われた。雨天のため一部行事は通常開催を中止し、協会会員が中心に参列する短縮開催となったが、函館が国際観光都市となる礎を作ったペリー提督の功績をたたえた。
 ペリー提督(1794~1858年)は1853(嘉永6)年、日本の開国を求め浦賀に来航。翌54年3月に日米和親条約が締結され、開港される箱館港を下検分するため、5月に黒船ポーハタン号で箱館を訪れた。
 外国人墓地であった墓前祭では、来航時に病死した2人の水兵の墓に対し祈りをささげ、中野会長、マーク・ウェベルス在札幌米国総領事らが献花。米フィラデルフィア在住のソプラノ歌手で、はこだて観光大使の石田雪子さんが「アメイジング・グレイス」を歌い上げた。
 記念式典はペリー広場で行い、中野会長がペリー提督来航記念碑(全身像)建立の経緯などを説明。「日米で市民レベルの友好親善はかけがえのないもの。協会として今後も大切にし、函館発展の礎となったペリー提督来航の歴史と重要性を広く継承することを誓う」とし、在日米海軍司令部幕僚長のラファエル・ファクンド大佐が「170年前のペリー提督来航は日米間の揺るぎない友好関係の始まり。より強固なパートナーシップの発展を享受できることは幸運と感じる」と述べた。続いて碑に花を手向け、ウェベルス総領事は「式典を開いてもらい感謝している。ペリー像建立などは日米同盟が人と人との草の根交流のバックボーンであることの証だと思う」と話した。
 函館国際ホテルでは予定通りに祝賀会を開き、来賓として駐日米国大使館のフィリップ・ロスキャンプ広報・文化交流担当公使や、大泉潤函館市長ら約40人が参加。石田さんが両国国歌を歌い、ミニコンサートなどで交流を深めた。(山崎純一)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. ロシア極東大閉校へ 25年度の入学募集停止
      2. プロレス「ノア」7月8日、13年ぶり函館開催 大和田選手がPR
      3. 陸上男子3000メートル小林が大会新 女子四種競技で川辺も 函館・渡島中体連
      4. 函館市議会 道南ドクヘリ、函病の離着陸拠点本格実施
      5. 函館市議会一般質問 一問一答(13日)
      6. さぶりメロン初競り、2玉で10万円
      7. 公表時期示されず 再検討後の計画内容 棒二跡再開発
      8. 22日から夏の高校野球支部大会 組み合わせ決まる
      9. 花と緑のまちづくり~函館市住宅都市施設公社だより/公社ってなに?公園管理ってなに?
      10. イチゴ大粒 甘さ抜群 谷農場がイチゴ狩り開園

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月15日の紙面

      SNS公式アカウント

      6月15日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト