• 6/2放送
    函新ウイークリーレビュー
  • 6月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 求人募集
    社員・アルバイト

幼少期の記憶「マツダK360」を忠実に再現、内藤さん コンテストで入賞も

 函館市富岡町の会社員、内藤重彰さん(61)は、幼年期の記憶をよみがえらせようと、亡き父・重春さんが昭和40年ごろに家業の牛乳配達で使用していた軽三輪トラック「マツダK360」を購入。荷台に幌や看板をつけて忠実に再現した。今月長野市で行われた日本最大級の屋内型ノスタルジックカーイベントのコンテストで「グッドカスタム賞」を受賞。内藤さんは「子どものころに乗った記憶はほとんど無いが懐かしい」と感慨深く話す。
 内藤さんは3人兄弟の末っ子で、幼少の時に車の前で3人そろって撮影した写真を見た時、車の具現化を考えた。インターネットで車を詳しく調べ、東洋工業(現マツダ)が生産・販売したK360と分かった。1959(昭和34)年から発売され総排気量は356㏄。全長2メートル98センチ、幅1メートル28センチ、運転席の高さ1メートル41センチ。2人乗りで運転席と助手席の窓はバスのように上下に動かすスライド式。フロントガラス下には車内に風を送る窓が設けられている。
 昨年10月に静岡県の自動車販売店から車検を受けた状態で購入し、七飯町で自動車のリストアを手掛ける業者に依頼し函館へ搬送、シートや塗装などをきれいにし、荷台に幌をつけた。さらに重春さんが配達していた乳製品のメーカー、北海道乳業から許可を得て略称「北乳」と当時の製品「ストロング牛乳」の看板を付けて完成した。
 5月3~4日に長野市で行われた「Gulf ながのノスタルジックカーフェスティバル2023」(実行委主催)を知り、参加を応募。ノスタルジックカー大賞コンテストで「グッドカスタム賞」を受賞し、会場で展覧された。「ここまできれいにして良かった」と内藤さん。
 長男で谷地頭町在住の要一さん(68)は「配達は自転車、バイクで行っていたが数が増え、アイスクリームなどを早く運ぶために初めて買った車だった。乗った記憶はあまりないが、風を受けて横転したことは覚えている」と笑顔。次男で神奈川県川崎市在住の晋二さん(64)は「何回か乗っていると思うが、こんなに小さかったのかなと驚いた」、重彰さんは「時速50キロぐらいまでは出るが、晴天時にしか乗らない。イベントで展示の希望があれば応えてみたい」とかわいい車体を見入った。(山崎純一)










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館新外環状道路 逆走車で一時通行止め
      2. ドクターコラム/函館おおむら整形外科病院 理事長 大村健久さん
      3. 遺体は女性、死因は焼死 中道の火災
      4. 「松川団地」解体へ 戦後復興期のRC造建築
      5. 七飯町副町長人事、工藤氏に同意 国・道とのパイプ重視
      6. クマ目撃情報(七飯)
      7. 3年半ぶりのGLAYライブ ファンらで函館に活気
      8. GLAYのTERUさんのスタジオに侵入容疑、今金町内の公務員男を逮捕 函館西署
      9. 男子は市函、女子は白百合V サッカー高体連支部予選
      10. ドクターコラム/函館おおむら整形外科病院 院長 大村直久さん

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月 7日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト