町長の不信任決議決議可決…福島町議会

【福島】町内への企業誘致をめぐり、特定業者に便宜を図る見返りに現金を受け取ったとして、7月29日に事前収賄の罪で起訴された町長の佐藤卓也被告に対し、町議会は3日、町役場で定例会8月会議を開き、不信任決議案を可決した地方自治法の規定により、佐藤被告は通知を受けた翌日から10日以内に議会を解散しなければ失職する通知は4日に行う予定
同決議案は、不信任の理由として「町政は大きく混乱し、町民の期待を裏切って不安を与え、町内外の信頼を失ったこのままでは町長不在の状況が長く続き、今後の行政執行などに支障をきたす」とした
全11人の議員のうち10人が共同で同決議案を提出全員が出席して採決を行い、賛成10人、反対1人となり、3分の2以上の議員が出席して4分の3以上の賛成との条件を満たし、議案は可決された
議会終了後、溝部幸基議長は報道陣に対し、「自らの判断で町のトップとして早めに出処進退を決めてほしい」と話した
決議の通知は、溝部議長と平野隆雄副議長の接見が認められなかったため、4日に2人が函館西署を訪れ、文書を差し入れる形で行うこのため、佐藤被告は14日までに議会解散の判断を下さなければ失職する
任期満了に伴う町議選は8月10日告示、15日投開票の予定になっている佐藤被告が議会を解散する場合、9日までに議長へ通知すると、通常の町議選を解散選挙として実施公職選挙法の規定では、告示日以降に解散を決めた場合、40日以内に改めて町議選を行うことになる
佐藤被告の弁護士は、可決を受けた様子などは「コメントできない」としている(斎藤彩伽)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会