• 採用情報
    函館新聞社

来夢が新函館北斗駅前にレストラン

【北斗】函館市で高齢者や児童、障害者福祉事業を手掛ける「来夢(らいむ)」(宝来町、大和京子社長)は21日、北斗市市渡の北海道新幹線新函館北斗駅前商業地(第3街区)に、ファームレストランと隣接農地に体験型観光農園を開設することを明らかにした新駅の利用者をターゲットに、地元産の新鮮な野菜を使ったランチを提供障害者や高齢者の就労支援の場と位置付け、来年2月プレオープン、開業日の営業開始を目指す\n\n
駅前開発でレストランの開業を表明したのは同社が初めてレストランは「夢しるべ」と名付け、木造一部2階建て延べ約264平方メートル敷地約806平方メートルを賃借し、道南スギを使った古民家風の造りとする10月に着工予定地元産や農園で採れた減農薬の野菜・果実を調理して出すランチの提供は午前11時~午後3時とし、それ以外の時間を含む午前8時~午後5時はカフェとして営業する\n\n
1階45席、2階16席の計61席を備え、年間売り上げ目標は1200万円\n\n
農園は1・65ヘクタールを賃借し、露地栽培のほか、養液栽培方式のハウス4棟も整備通年で葉物野菜などを栽培する計画で、農業のプロをスタッフとして雇用したという\n\n
投資額は約1億円レストランは、北斗市の新幹線新駅企業立地助成制度などを活用する就労支援事業の一つ「就労継続支援A型」として障害者20人を受け入れ、安心して就労できる場を提供する\n\n
大和社長は「新幹線開業に合わせ、新たな福祉の仕組みを発信できる場所にしたい北斗市出身なので、地元に貢献したいという思いも強い」と話す\n\n
同社は2007年創業、函館で学童保育所やデイサービスセンター、グループホームなどを運営、年商2億円(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会