国内外旅行業者に青森、道南の魅力PR

【青森】JR各社と地域の自治体が来年7~9月に展開する大型観光企画「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(DC)」に向けた全国宣伝販売促進会議が15日、青森市で始まった国内外の旅行会社の担当者ら約1100人が参加青森県と道南の関係者は自慢の観光資源をアピールし、DCへの送客を呼び掛けた
同会議は、1年後のDC期間中に販売する旅行商品の造成に向け、地域の観光素材をPRする目的で開催北海道新幹線の開業効果を最大限に引き出し、DCの誘客を占う意味でも重要な場となる
青森市内のホテルで開かれた全体会議で、三村申吾青森県知事は「北海道新幹線の開業で、北海道と東北は一つの大きな経済、観光圏となる力を合わせて共に前進したい」とあいさつ続けて、函館朝市協同組合連合会や道南と青森県の女性でつくる「津軽海峡マグロ女子会」のメンバーらがプレゼンテーションを行い、地域の魅力を売り込んだ
全体会議の前後には、青森県や道南の観光事業者と旅行会社の商品企画担当者による商談会も開かれた海外のエージェント5社と商談に臨んだ七飯大沼国際観光コンベンション協会の林賢三理事らは、タブレットと観光パンフレットを使ってPR「一度に売り込みができるめったにない機会大沼の景観をアピールしたい」と話した
このほか会場では、歓迎レセプションが開かれ、青森県と道南地域の農林水産物を食材とした料理が振る舞われた
16、17日にはエクスカーション(視察旅行)が予定されており、国内の旅行関係者は9コースに分かれて実際に観光地を訪れ、見どころを確かめる(山田大輔)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会