渡島14年度観光客2年連続1000万人超訪日客36万9000人

渡島総合振興局は26日、2014年度の管内観光客数と訪日外国人宿泊客数の調査結果を発表した前年度比2・1%増の1061万9000人で、3年連続で増加訪日外国人宿泊客は円安による割安感などが後押しとなり、前年比18・9%増の36万9043人と、3年連続で調査開始(09年度)以来の最高数を更新した
観光客の1000万人超は2年連続同局は増加要因として函館?中国・天津間チャーター便の就航で外国人観光客が増えたほか、春先の好天でサクラ観光などの客数が増加したことを挙げた
月別では、夏の行楽期の6~9月は前年度に比べ5・9~2%減少したが、このほかの月は増特に1~3月は台湾、中国人など外国人観光客が来訪し、1割以上増えた
市町の状況は松前や福島、鹿部など6町で観光・宿泊施設の誘客減や他地域とのイベント競合などが原因で減少したが、函館市や森町など5市町で増加函館市は外国人観光客の増加や北関東・東北などでのプロモーション活動によって前年並みの484万人北斗市は「桜回廊」をはじめとするイベントの集客が好調で、25万人増の97万人森町は春のサクラ観光に加え、冬場のスキー客が伸びた木古内町は下半期で前年を下回ったものの、江差線木古内?江差間廃線に伴う誘客があり、全体で増えた
外国人宿泊客の国別状況をみると、台湾が全体の6割を占める23万8542人(前年同期比6・8%)で最多次いで中国が5万7839人で、前年度の3・6倍に急増した以降は韓国1万4344人(同3%減)、香港1万3469人(同21・1%減)、シンガポール1万672人(同47・9%増)と続いた
同局は「地域と連携しながら来年3月の北海道新幹線開業に向けて誘客を進めたい」としている(鈴木潤)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会