• 6/14
    函新ウイークリーレビュー
  • 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

民進2議席奪取 トップは長谷川氏 道選挙区

 参院選は10日、投開票が行われ、道選挙区(改選数3)は自民党現職の長谷川岳氏(45)がトップ当選、民進党現職の徳永エリ氏(54)も再選を飾ったほか、民進党新人で元経産相の鉢呂吉雄氏(68)が3位で当選し、民進党が2議席を確保した。
 長谷川氏はアベノミクスの推進をはじめとする経済対策や、交流人口の増加で人口減少をカバーする観光振興策を中心に訴え、高い知名度を生かして終始優位な戦いを進め、他候補を引き離してトップ当選した。
 徳永氏はTPP(環太平洋連携協定)阻止や反原発、安保法制反対など、政権に対する危機感を全面に出して選挙戦を展開。連合の支援を受けて戦い、女性や労組票を手堅く積み重ね、2期目当選を決めた。
 鉢呂氏は憲法改正やTPP反対、格差是正などを掲げて出馬。党や支持団体からの支援が手薄な中、かつて衆院議員時代に地盤とした道南で広く浸透、反自民票を取り込んで最後の1議席に食い込んだ。
 自民党新人の柿木克弘氏(48)は道議からくら替え出馬。地方からの活性化を訴え、公明党が手厚く支援したが及ばなかった。
 共産党新人の森英士氏(38)は憲法改正や消費増税への反対を訴えたが、全国的な野党共闘の中で自民批判票が他党に流れた。
 日本のこころを大切にする党新人の佐藤和夫氏(69)、幸福実現党新人の森山佳則氏(49)、政治団体「支持政党なし」新人の中村治氏(63)、無所属新人の飯田佳宏氏(43)、無所属新人の水越寛陽氏(36)は浸透しなかった。
 また、比例区では元函館市区道議の公明党現職、横山信一氏(56)が2期目の当選を決めた。










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館に縄文拠点施設設置へ 道が素案 世界遺産センターに相当
      2. 窃盗容疑、中学教員を再逮捕 桔梗中でも発電機など
      3. 丸八石黒商店が破産開始決定 負債総額5000万円
      4. 老舗味めぐり 1962年/そば処 江戸八
      5. バジェット・レンタカー函館空港店/函館市民も気軽に利用を
      6. クマ目撃情報(七飯)
      7. 森町地域公共交通会議 函館バス砂原線廃止の意向
      8. 再発防止、対策に全力 八雲バス事故から1年
      9. 椴法華小で学年閉鎖 コロナ感染
      10. いかぽっぽ/遺愛女子中でオープンスクール、生徒たちと交流も

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月19日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト