• 参加者募集
    親子書き初め大会
  • 採用情報
    函館新聞社

暑さと熱気、まち包む ワッショイはこだて8000人躍動

 開港159周年記念函館港まつり(実行委主催)は2日、メインイベント「ワッショイはこだて」の十字街・松風コースが行われた。函館の最高気温は30・5度と、4日連続の真夏日を記録。暑さをものともせず、色鮮やかな浴衣に身を包んだ市民ら約8000人が約1・5キロのコースを華やかにパレードし、函館の夏を彩った。
 十字街であった出発式で、実行委の渡邉兼一会長は「ゴールまで最高の踊りを披露して盛り上げてほしい」とあいさつ。早速、踊り手は「函館港おどり」「いいんでないかい」の音楽に合わせて踊り歩いた。
 第2部は子どもたちによるいか踊りのほか、宮城県仙台市の郷土芸能「仙台すずめ踊り」の一行が登場し、法被姿に扇子を持ち跳ね踊る勇壮な姿で祭りに花を添えた。3部は一般参加も可能な函館いか踊りで、参加者は大音量の曲に合わせて飛び跳ね、暑い夏の1日を楽しんでいた。
 埼玉県から遊びに来たという会社員、勝又千恵さん(28)は「久しぶりに祭りを見て元気をもらった」と話していた。3日はスタート位置が変更された千代台・五稜郭コース(約1キロ)が行われる。いか踊りは自由参加も可能で、参加希望者は午後8時に千代台公園に集合する。(小杉貴洋)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora