函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

1日から縄文スタンプラリー グッズが当たる

 渡島総合振興局と函館市教委は8月1日から、渡島管内での縄文遺跡の遺物を展示・保存する9資料館を巡る「縄文スタンプラリー Jomonとれじゃーはんてぃんぐ」を開催する。「北海道・北東北の縄文遺跡群」の2021年の世界文化遺産登録への機運を高め、住民理解を促す狙い。スタンプを集めた数に応じ景品も用意している。(山崎大和)
 4道県の17考古遺跡で構成する縄文遺跡群は、今秋にも国際記念物遺跡会議(イコモス)が現地調査を行い、21年夏の世界遺産委員会で登録の可否を審議する見通し。世界遺産登録に向けた取り組みの一環で、スタンプラリーを初企画した。9月末まで。
 市立函館博物館と、同館で開催中の今年度の企画展「津軽海峡北岸の縄文遺跡」(10月18日まで)に遺物を貸し出している8資料館が対象。函館市縄文文化交流センター、七飯町歴史館、北斗市郷土資料館、木古内町郷土資料館いかりん館、チロップ館(福島町)、松前町郷土資料館、森町遺跡発掘調査事務所展示室、八雲町郷土資料館に台紙があり、自由に参加できる。景品の引き換えは市立函館博物館で。
 1館行くと、各館の代表的な遺物をかたどったオリジナルカードを進呈。3館賞はクリアファイル、5館賞は4道県のキャラクター「もんぐる」の反射板または缶バッジをプレゼント。9館全て制覇すると、企画展の図録、後援・協力する日の出製麺(北斗)の中空土偶ラーメン、ホテル函館ひろめ荘の日帰り入浴券のいずれかが当たる。また、小学生を「子ども学芸員」に認定し、市立函館博物館での体験展示「ジュニアJomon展」(11月3日~来年1月28日)の企画に携わる。
 振興局環境生活課は「多くの人が縄文への理解を深め、世界遺産登録を後押ししたい」としている。
 問い合わせは同課(0138・47・9039)へ。

      文化











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト