登場人物と同じ空気感じて 「きみの鳥はうたえる」先行公開

 函館出身の作家・佐藤泰志(1949~90年)の同名小説を原作とした映画「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督)が25日、函館市民映画館シネマアイリス(本町22)で先行公開された。夜の上映に急きょ三宅監督が駆け付け、来場者に「登場人物と同じ空気を感じるような時間になれば」と語った。
 作品は、函館の書店で働く「僕」(役・柄本佑さん)と失業中の友人「静雄」(染谷将太さん)、「僕」と同じ書店で働く「佐知子」(石橋静河さん)の3人の人間模様を描いた青春映画。
 青森県弘前市から訪れた教員の成田清文さん(63)は「佐藤泰志の20年来のファン。作品の舞台を佐藤にとって欠かせない函館に移し、どう作品が変化しているのかとても期待している」、函館市内看護師の30代女性は「希望を持てる作風で、この後も何度か見にきたい」と話していた。
 同館の菅原和博代表は「公開日を迎え、感慨深い。これからは観客一人一人の映画になるよう、羽ばたいてほしい」と期待を込める。あいさつで主演の3人からのメッセージを紹介した三宅監督は「映画館でしか味わえない感情を持ち、映画を通じて友達、恋人などで盛り上がってもらいたい」と話していた。
 上映は午前11時10分、午後1時5分、同7時の3回。上映期間は未定。問い合わせは同館(0138・31・6761)へ。
 26日は午前11時半から、本町のシエスタハコダテで三宅監督のトークショーが開かれる。(蝦名達也)

      文化

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会