函館新聞電子版

  • 特集
    函新杯アイスホッケー
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

ドクターコラム/みさわ歯科口腔外科クリニック院長 三澤肇さん

 口腔がん -診断から治療まで-

 生涯のうちにがんになる可能性は、2人に1人と言われています。口腔がんはがん全体の2~3%程度と少なく年間8000人程度の人が発病して4000人程度の人が死亡しています。口腔がんは部位により、舌がん、歯肉がん、口腔底がん、頬粘膜がん、口蓋がんに分類され、舌がんが口腔がんの約60%を占めています。性差は3対2で男性に多く年齢は50歳以上に多く発症します。原因はタバコ、過剰なアルコール、口腔内の不衛生、機械的刺激(入れ歯のバネや欠けた歯が、舌や粘膜にこすれる)、遺伝、ウイルスなどがあげられます。口腔がんの初期症状で多いものは、ただれや痛みで口内炎と非常に類似しています。ただ触るとほかの部位と違い少し硬くしこりを感じます。そのほかにも痛みなどは全くありませんが、粘膜が白くなるもの(白板症)、赤みを帯びるもの(紅板症)も、がんの可能性が高いため注意が必要です。がんが進行すると外向性のものは腫瘤形成し、内向性のものは出血を伴い潰瘍形成をします。確定診断には、生検(病理組織検査)を施行し、超音波検査、CT、MRI、PETにて腫瘍の大きさ、リンパ節転移、遠隔転移を精査します。治療はがんが小さい早期の場合は、外科療法の切除のみで治すことができ後遺症も少なく生存率も80%以上と良好です。しかし、進行しリンパ節転移が認められると切除範囲は大きくなって再建が必要な場合もあり、顔貌の変形、食事、会話が困難となるために日常生活に支障をきたすことになります。また、機能温存を考え放射線と化学療法で腫瘍の消失や縮小後手術する方法もありますが生存率は低くなります。
 全てのがんは言うまでもなく早期発見、早期治療が大切です。とくに口腔がんは直接自分で見て触ることが出来る一番発見しやすい部位です。口腔内での異常を感じた時は怖がらずにかかりつけ医を受診しましょう。
(ハコラク 2020年1月号掲載)


略歴
平成4年、岩手医科大学卒業後、同大第2口腔外科に入局。八戸赤十字病院歯科口腔外科、下北医療センターむつ総合病院歯科口腔外科、国保大畑診療所歯科口腔外科、岩手医科大学第2口腔外科助手、函館協会病院勤務を経て、令和元年、みさわ歯科口腔外科クリニックを開院。

みさわ歯科口腔外科クリニック
函館市桔梗5‐14‐1
☎0138‐47‐3733
■診療科目/歯科、歯科口腔外科、小児歯科
■診療時間/9:30~13:00、14:30~19:00 
      ※土曜は午後休診、水曜は往診治療も受け付け
■休診日/日曜・祝日




      医療の現場から

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト