• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    豪華客船と豪華寝台列車、函館で〝共演〟
  • 2024年春
    人事・本社来訪
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 4/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 参加者募集
    写真の日プロジェクト
  • 求人情報
    総務経理スタッフ、記者

「心のケアが重要に」 赤十字病院救護班が帰函

 能登半島地震の医療支援で石川県に派遣された函館赤十字病院(平田康二院長)の救護班が24日、現地での活動を終えて帰函した。メンバーは能登町の避難所の巡回診療などに当たった。帰着報告会で「地震発生から3週間以上が経過し、これからは被災者の心のケアが重要になる」と訴えた。
 日本赤十字社北海道支部の要請による派遣で、20日に出発した。メンバーは班長の医師、杉村好彦院長補佐(66)と原田由美看護師長(50)、看護師の沢田祐輝さん(35)、工藤雪乃さん(25)、薬剤師の阿部幸一さん(55)、事務の町出雄平さん(45)、河上慎之介さん(30)の7人。
 救護班は午後3時すぎに同病院に到着。帰着報告会が開かれ、杉村院長補佐が「避難者の健康状態は落ち着いており、今後は被災者の心のケアや行政職員など支援者の支援が重要になってくる。7人無事に帰ってきました」と活動を報告。平田院長が「断水と寒さの中、大変な救護活動だったと思う。無事で元気そうな姿を見てほっとしている」とねぎらった。
 能登町では避難所を巡回し、避難者の健康状態をチェックしたほか、環境整備の役割を担った。ただ、現地は断水が長期化している。杉村院長補佐は「活動をする上で水がないのが大変だった。被災者も苦しんでいる」と話した。原田看護師長は「避難所での生活はストレスがかかる。今後は心のケアが大切になる」とし、「地元の行政職員も被災者。休みを取っておらず『支援者支援』も必要だ」と強調した。(松宮一郎)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 無免許とひき逃げ容疑で男を逮捕
      2. 新幹線乗り入れにJR費用負担応じず 鈴木知事「課題整理の段階」
      3. 函館高等技術専門学院で入学式 30人が技術者へ歩みだす
      4. 土曜トーク/国立函館病院看護師・河村亜紀子さん(39)「手探り状態で医療支援」
      5. 今月のひと/炭火焼肉 ひび屋 店主 寺田雅浩さん
      6. 傷害容疑で森町の男逮捕
      7. 松前公園「南殿」見頃間もなく
      8. 大正庵/函館市美原から北斗市へ移転
      9. 函館デザイン協議会「デザインの学校」26日開講 受講者募集
      10. 道の駅横綱の里ふくしま ウルフマンと友情パワーで盛り上げ

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      4月20日の紙面

      SNS公式アカウント

      4月20日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト