函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月プレゼント
    映画鑑賞券
  • クマ
    出没マップ

レトロ建築/はこだて工芸舎

はこだて工芸舎
はこだて工芸舎
はこだて工芸舎
     銀座通りの顔だった旧梅津商店
     歴史をたどり再現した内装が懐かしさを誘う

     銀座通りの入り口に立つ「はこだて工芸舎」は柔らかなカーブを描く建物の印象からコンクリート造にも見えるが、実は木造モルタル造。大きなショーウインドーやガラス戸の入口、広い風除室、階段下に鎮座する大きな金庫が当時の面影を色濃く残している。前身の「梅津商店」は豪商・梅津福次郎氏(1858-1942年)が1890年に創設、一代で財を築く足掛かりともなった場所で、現在の建物は函館大火で焼失後の1935年に再建したもの。閉業後、梅津氏の養女・淑子さんが建物を守っていたが2014年に転居を決意、同年「はこだて工芸舎」代表の堂前守人さんが建物の喪失を惜しみ購入。畳下の板など当時の建材をそのまま活用して補強を入れながら、ほぼ再建当時の姿へと復元し、北海道の作家を中心とした工芸品の展示販売を行うギャラリーへと生まれ変わった。スタッフ立ち合いで見学可能な2階には古い帳簿、看板などを展示しており、梅津氏の足跡の一端に触れることができる。
    (ハコラク 2020年4月号掲載)


    はこだて工芸舎
    函館市末広町8‐8
    ☎0138‐22‐7706
    10:00~18:00
    P有り
    無休


      ハコラク

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト