函館新聞電子版

医療の現場から/さっぽろARTクリニック 培養室長 倉本裕子さん

 生命誕生と向き合う仕事 ~不妊治療の現場から~

 あなたがお母さんのおなかにいた時どんな姿だったかご存知ですか?と聞かれて、ほとんどの方は、胎児が頭に浮かぶと思います。しかし胎児の前はどんな姿か…卵です。卵子と精子が受精し、受精卵が分割を繰り返し、まるでヒヨコの孵化のように私たちも卵の殻を破ってお母さんの子宮に着床します。私たち胚培養士は、その受精卵=赤ちゃんの素のお世話に携わっています。
 現在、日本で生まれているお子さんの5人に1人は何かしらの不妊治療を経て誕生しており、体外受精においては約20人に1人と言われています。その割合から、意外と不妊治療や体外受精を身近に感じませんか?
 胚培養士は、普段患者様の前に出てお話する機会はなかなかありませんが、培養室の中で日々患者様の卵、精子と向き合っています。卵子を採取してから受精させ、3日から6日培養を続けます。その間に取り違えがないよう、また、受精卵が人為的操作によって悪い状態にならないよう毎日緊張感をもち、細心の注意を払いながら仕事に携わっています。とてもプレッシャーがかかりますが、その分達成感もとても感じられる、やりがいのある職業です。お世話した卵さんが赤ちゃんになってご対面できたときの感動は、本当にこの上ないものです。
 不妊治療は人工的に赤ちゃんを授かるというイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。しかし卵さんが自身の力で頑張って受精し、生命として成長していく姿を目の当たりにしていると、不妊治療は不妊を治すのではなく、妊娠に向けてのお手伝いだと感じています。言い換えれば、不妊治療は万能ではありません。成功する確率は、治療開始が早ければ早いほど上がります。もし、お子さんを希望される場合には、早いうちに専門施設へ足を運ぶことをお勧めします。
(ハコラク 2019年10月号掲載)


さっぽろARTクリニック
札幌市北区北7条西4‐1‐2
KDX札幌ビル (旧北七条SIAビル)4F
☎011‐700‐5880
https://sapporoart.jp/



      9月25日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト