臥牛山12月26日・介護離職ゼロ

 最近、新聞、テレビなどに「介護離職ゼロ」という言葉が登場する。究極の目標とはいえ、そう願う思いは共通。現実に親の介護のため離職を余儀なくされる人は多い。年間10万人超と推定する向きもあり、現代が抱える大きな社会問題▼例え理解のある企業、職場であっても、仕事と介護の両立は容易ではない。先日、本紙で紹介していたオリックス・リビング(東京)が行った調査でも「両立ができる」と答えた人は、わずか1割(9・7%)だった▼このままでは企業の人材維持にも影響しかねない。一億総活躍社会も色あせてくる。施設が、人が足りない…八方ふさがりになって職を離れるしか道がない。なんとかしなければ…政府も重要政策課題に位置づけた▼「介護施設の整備や介護人材を育成する」。まず打ち出した介護施設を増やすことに異論はない。施設が増えれば、雇用の枠も広がり、引いては離職防止にもつながる。ただ、それだけでは…▼働く人が必要な数だけ確保されないことには、施設は機能しない。当然ながら教育や研修の充実は欠かせないが、最も求められているのは待遇の改善。そこに国がどう関わるのか。それなくして「介護離職ゼロ」は見えてこない。(A)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会