• 採用情報
    函館新聞社

臥牛山12月23日・冬至の次はXマス

 大雪が過ぎたら、もう1年で最も昼が短い冬至。カボチャを食べて、ユズ湯に
つかると、すがすがしい芳香が体や心を温めてくれる。キリストの生誕日が冬至だったという説もある▼クリスマスは太陽の復活を祝う古代ヨーロッパの祝祭とキリストの生誕が結び付いたもの。ツリーはゲルマン民族のユールという冬至の祭りで飾られ、真冬でも緑色の針葉樹を生命の象徴とした。日本の門松と同じ▼多様な宗教の信者が住むアメリカではユダヤ教やイスラム教などに配慮して「メリークリスマス」とは言わない。代わって「ハッピー・ホリデイズ」を使っう。教師もクリスマスの話を避けているという。過激派の「イスラム国」によるテロ多発から一層厳しい▼サンタクロスもオランダ移民によって持ち込まれ、白い縁取りの真っ赤な服装がコカコーラの宣伝で一躍認知された。第二次大戦後、クリスマスはデパートの商戦に乗って大きなイベントに▼日本人はクリスチャンではないがクリスマスに熱狂。小さいころ、親から「日本は仏教国。ジングルベルは歌うな」と叱られた。ジョン・レノンの歌う「ハッピー・クリスマス」のプレゼントが一番。「戦争はなくなる。あなたが望みさえすれば」と。(M)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会