臥牛山12月13日・あかつき

 果たして宇宙人はいたのかな。日光が遮られても地表の温度は460度にもなり、1年中、硫酸の雲に覆われ、それが時速400キロの猛スピードで流れている。大気のほとんどが二酸化炭素で温室効果は強烈…▼大きさが地球とそっくりで双子惑星、姉妹惑星といわれる謎の金星を観測する日本の探査機「あかつき」が主エンジンの故障で軌道投入に失敗して5年。探査機は設計寿命が過ぎており、高熱や放射線の影響が心配されていた▼地球に比べて二酸化炭素など充満している惑星。それでも宇宙航空研究のJAXAは先日、数万通りの試算を経て、金星を待ちぶせ、追い越される瞬間に小型エンジンをかけ、軌道に乗せた▼どうして設計寿命を超えた無人衛星の「老機」が高速で動く目標を狙うことができたのか。どうやって小型エンジンを噴射できたのか。日本の科学技術の優秀さに驚くばかり。極めつきの「温暖化惑星」の謎の解明がスタート▼今後、地球温暖化で気温が上昇、大きな災害が増えるという。折しもパリで気候変動枠組みのCOP21が開かれ、世界から英知を集め、対策を話し合った。地球も、いつか高熱の温暖化惑星になるかも。「あかつき」の朗報が待ち遠しい。(M)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会