臥牛山2月3日・銚子電鉄

 千葉県のローカル鉄道・銚子電鉄はユニークな経営で知られる。銚子市内にわずか10駅、6・4キロ。乗客数の落ち込みで厳しい状況に陥った中、「電車の修理代を稼がなくちゃ」と、名産のしょうゆを使い苦肉の策で取り組んだ副業の「ぬれ煎餅(せんべい)」が大ヒットした▼近年は黒字を計上する年もあったが東日本大震災で観光客が減り、2013年には自主再建を断念。電車の修理費などで国や県の支援を仰ぐことになった▼そんな苦境下でもイルミネーション電車やミニSL運行などイベントは多彩。駅のネーミングライツ(命名権)も売りに出し、1日までに販売対象の9駅すべてが売れた▼その終点・外川(とかわ)駅の愛称を聞いて驚いた。名付けて「ありがとう」。新聞報道によると、命名権を得た住宅会社の社長が好きな言葉だといい「ありがとうと言ってもらえる会社になりたい」という銚子電鉄の考えとも一致した▼銚子電鉄によると、駅名アナウンスの際には「ありがとう・とかわ」と案内される。温かみがあり、アイデアも面白い。そして苦境に負けず住民の足を守るという意志が感じ取れる。経営難にあえぐJR北海道や道南いさりび鉄道でも取り入れてはどうか。(C)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会