• 採用情報
    函館新聞社

臥牛山1月17日・企業広告

 年が明け、「あれもしなければ」「今年はこうしよう」と、いろいろ思いめぐらせていた。全国紙に載った見開き2ページ広告に、一気に冷水を浴びせかけられたような気がした▼ジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」をモチーフにした宝島社の企業広告。オフィーリアに扮(ふん)した女優の樹木希林さんが印象的だった。右手に花を持ち、水の中で仰向けになっている。目を見開いたその表情は、とても穏やかだ▼「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」がメーンコピー。「死について考えることで、どう生きるかを考える。若い世代も含めた多くの人々の、きっかけになれば…」。ホームページで企業広告の意図がこう説明されている▼このサプリメントがいいと聞けば試してみる。幾分言葉に抵抗感を感じる「終活」に、「エンディングノートは、このように書くんだ」と興味を持ったりもする。何かとせわしない▼「ひとつひとつの欲を手放して、身じまいをしていきたい」。コピーにはこうも書かれていたが、なかなかここまでの心境に至るには、遠いところにいる自分に苦笑いする。考えるきっかけになる題材を伝える。今年の目標をこう設定することにした。(Z)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月16日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会