臥牛山1月12日・名工女性枠

 「ものづくり日本」と言ってはばからないほど、わが国の産業技術は世界に誇って余りある。それだけ各分野に優れた人材がいるということだが、卓越した人は「現代の名工」としてたたえられている▼記録が残る1987年度以降、その称号が捧げられた人は約3900人。ただ、ほとんどが男性であり、女性は216人と一割にも満たない。女性の活躍が顕著になった昨今も、格差は続いたまま▼本当に女性の対象者は少ないのか…誰しも抱く思いだが、厚労省は女性名工の発掘のため、新たに女性推薦枠を設けることを検討しているという。だが、それは趣旨に照らしてどうなのか。あえて女性推薦枠を設けること自体、差別とも受け取られかねない▼確かに、今でも技能者人口は男性が多い。それと女性に別枠を設けるのとは別の話。あくまで技能で判断すべきで、女性推薦枠をもって女性の名工が増えたとしても、つじつま合わせでしかない▼それより推薦方法の見直しが有効のような気がするのだが。都道府県や業界団体からの推薦にとらわれず、例えば幅広く推薦してもらえるような道を開くとか。大事なのは技能本意という視点。この「現代の名工」は来年度、50回を迎える。(A)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会