臥牛山1月5日・マイナンバー

 机の奥に1月1日に運用を開始した12桁のマイナンバーの通知カードが入っている。国から通知された12桁の番号は、すんなりと覚えられない。身分証明くらいにしか使えないと思っている人もいるのでは▼市の回覧では「社会保障、税、災害対策の分野で複数の行政機関が利用し、事務の効率化や利便性を向上させることが目的」。金融資産が一括管理となり、健康保険証代わり、コンビニでも利用できるようだ▼通知カードが「受取人不在」などの理由で郵便局から市町村へ届く数が思いのほか多い。住民票を移さず転居した人、医療機関や特養老人ホームなどに入居の高齢者や障害者ら。函館でも予想の5倍が受取人不在だ▼「不正利用により被害に遭う」「プライバシーが侵害される」「監視・監督される」など不安が募るばかり。児童手当や失業手当、生活保護の受給に番号を提示しなければならず、受け取っていない人は不利益を被る▼最大の狙いは脱税や年金不正受給の防止にあるというが、共通番号制が進む米国では年金不正受給などが多発。日本でも通知カードより先に、制度悪用の詐欺が発生した。国は無用な混乱を避けるためにもっと丁寧な説明が必要。新年から後味が悪い。(M)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会