臥牛山1月1日・新時代到来

 師走の小雪がちらつく中、新函館北斗駅前を歩いた。誰かの足跡を雪の下にうっすらと確認できたが、静寂に包まれ、開業後のにぎわいを思い描こうとしたものの、うまくいかなかった▼JR函館駅は外国人観光客とともに、Uターン客や出迎えの家族らで混雑。中国語などが飛び交うとともに、地元のイントネーションが心地よく響き、いつも以上に異国の雰囲気を感じた▼函館のブランド力は高い。人口は減り続けているが、民間シンクタンクの調査で魅力度は2年連続トップとなった。今年度上半期の観光客は増加、外国人宿泊者数も年間40万人台が現実的になっている▼シンボルの函館山一つとっても山岳信仰、高田屋嘉兵衛らの植林、要塞としての役割などの物語を持つ。さまざまな史跡があり、教会群があり、見る人に歴史を感じさせる。おまけに植物園には今年の干支(えと)のサルが温泉につかっている▼北海道新幹線開業で、恵まれた環境に大きな好条件が加わる。首都圏や東北と鉄路で速くつながるチャンスをどう生かし、広げていけるか。函館をはじめとした道南全体が地域の宝を見詰め直し、一体となってどうアピールしていくのか。新時代の変化を実感する1年でありたい。(Z)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会