• 特集
    秋の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

食、ものづくりで研究成果報告 工業技術センター成果発表会

 道立工業技術センター(三浦汀介センター長)の研究成果発表会が23日、フォーポイントバイシェラトン函館で開かれた。食関連4件、ものづくり関連4件の計8件が発表され、来場者約180人が理解を深めた。
 食産業技術支援グループなどによる「スラリーアイスの冷却効果を利用した冷凍刺身商材の開発」に関する発表では、スラリーアイス(海水や食塩水を氷点下1~同2・5度に冷却したシャーベット状の氷)が予備冷却に有効なことを説明した。
 実験ではシロザケの背肉を真空包装し、予備冷却してからマイナス20度で保管した場合の品質評価を実施。同グループの吉岡武也さんは「予備冷却したものは組織の氷結晶が小さく、解凍後のドリップが軽減された」と強調した。
 これらを踏まえ、シロザケやブリを原料とした冷凍刺身商材の開発に挑戦。飲食店などでのサンプルワークの結果、「新鮮さが評価され、全国のホテルチェーンなどへの出荷が始まっている」とした。
 別グループによる「春採り真昆布の健康機能性」に関する発表では、函館真昆布を使った「ヘルシーDo」(道食品機能性表示制度)認定製品開発への活用法を模索。マコンブをボイル乾燥することで、ヒトを対象とした健康機能性の効果が認められる成分を、効率的に摂取できることがわかり、今後の商品開発に寄与していくことなどとした。(野口賢清)

      その他

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora