函館新聞電子版

まちなかオープンテラスで飲食満喫 25日までイベントも

 屋外での飲食やライブの催しを通じて、函館本町・五稜郭地区のにぎわい創出を目指す「第2回五稜郭まちなかオープンテラス」(実行委主催)のメーンイベントが24日、本町周辺で始まった。参加店のテラス席やビアガーデン会場では市民が新型コロナウイルス対策を講じ、飲食を楽しんだ。25日まで。
 道路占有の緩和措置を活用した取り組みで、昨年から開催。同日は参加飲食店が店前の歩道にテーブル、いすを設置し、屋外の開放的な空間で食事を楽しむ市民の姿が見られた。
 友人5人と「四文屋函館五稜郭店」のテラス席に座った北斗市久根別の公務員、松田祐輔さん(33)は「密を避け、対策を施したうえでの食事は安心感がある。イベントはコロナ禍の飲食店を応援できる、良い取り組み」と話していた。
 また、同日からベルクラシック函館、旧五稜郭ガーデンでは道南在住アーティスト14組が出演する投げ銭ライブもスタート。コロナ禍でパフォーマンスの機会が減る中、弾き語りや大道芸などのステージで会場を盛り上げた。
 25日も2会場(午後4時~8時)で開催。ベルクラシック函館(午後4時~8時)、旧五稜郭ガーデン(午後4時~9時)、本町市場跡(午後2時~8時)ではビアガーデンも開催する。来場時はマスク着用で、各会場受付で検温・消毒を実施する。(飯尾遼太)

      食品・飲食











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト