函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

農産物を提供 子ども食堂などに役立てて JA函館市亀田

 JA函館市亀田(柴谷廣道組合長)は9日、JA管内で生産した春ダイコンなどをフードバンク道南協議会(函館市五稜郭町、広部節子代表)に贈呈した。市内の子ども食堂での弁当の配布(テークアウト)などに活用し、子どもたちが食と農業への理解を深めるきっかけとしたい考えだ。
 贈呈式が同協議会であり、柴谷組合長が春ダイコンLサイズ10キロ入り5ケース、上白糖1キロ入り10袋、菓子詰め合わせ10個を届けた。柴谷組合長は「私もビートを生産しているが、新型コロナウイルス禍で砂糖の消費が伸び悩んでいる。菓子にも砂糖が使われているので、少しでも砂糖の消費拡大になれば」と話した。JAによると、春ダイコンは今月2日に共同選別、出荷が始まったほか、ビートは管内で3戸が計8ヘクタールに作付けしている。
 広部代表は「コロナ禍で困窮世帯の人たちが日々の食事にも困っていると聞き、いろいろな支援をしており、今回の農産物も大変ありがたい」と感謝した。同協議会によると、子ども食堂はコロナの影響で活動を休止している所が多いため、母子家庭や女性保護施設など幅広く食材を提供する予定だという。
 JAは地域貢献活動の一環で、昨年度から同協議会に野菜を提供。昨年11月は長ネギ、ダイコン、ニンジン、ジャガイモを、今年1月には雪の下ダイコンを贈り、喜ばれた。(山崎大和)

      食品・飲食











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト