函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

CFが好調 応援購入で限定生原酒 箱館醸蔵

 【七飯】道南で35年ぶりに日本酒造りを始めた「箱館醸蔵」(町大中山1)は、日本酒を返礼品にしてインターネット上で資金を募る「クラウドファンディング(CF)」を展開している。提供するのは、CFでしか手に入らない「郷宝」ブランドの初回醸造の原酒生酒。酒蔵の船出を応援したいという共感が広がり、25日現在1200万円を超え、好調に推移している。4月21日まで。(山崎大和)
 日本最大級のCFサービス「Makuake(マクアケ)」を使い、今月17日午後2時にCFをスタート。返礼品は火入れをせず、割り水もしない生原酒を届ける。6タンクを仕込み、500ミリリットル入り約1万5000本ができ「まっさらな気持ちでゼロから」(同社)という意味を込め、白を基調とした限定ラベルとなっている。
 酒造好適米「彗星」「吟風」を使い、それぞれ純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒の計6種類が登場する。
 出資金5000円~50万円に応じ、13種類を用意。既にオリジナルボトルをデザインできる50万円、法人向けの18本セット5万円のコースは完売した。
 また、出資者の名前を書いた道南スギのプレート(約620人分)を組み合わせ「箱蔵」という文字のモニュメントを2階見学スペースに設置する。
 マクアケでの日本酒カテゴリーのCF最高額は、昨年上川大雪酒造(上川管内上川町)が2966万円を集め、箱館醸蔵はこれを上回る3000万円が目標。25日現在700人を超える支援者がおり、個人が圧倒的に多く、飲食店など会社で購入する例も。資金提供は道内が8割で、杜氏(とうじ)の東谷浩樹さん(52)が函館ラ・サール高校卒の縁で、同級生らの支援も多いという。
 郷宝は「淡麗旨口(うまくち)」で、すっきりとした味でありながら、コクと奥行きをしっかりと感じられる酒に仕上げる。
 同社取締役の山田秀樹さん(46)は「われわれのストーリーに共感し、応援してくれるのは大変ありがたい。多くの人に酒蔵の存在を知ってもらい、応援購入の輪を広げたい」と意気込んでいる。
 サイトは(https://www.makuake.com/project/hakodateーjyozo/)で。

      食品・飲食











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト