函館新聞電子版

  • 4月プレゼント
    映画鑑賞券
  • コロナウイルス関連
    最新情報

乙部追分ブリューイングで地元産麦芽100%ビール仕込む

 【乙部】町館浦のビール醸造所「乙部追分ブリューイング」(竹田開醸造長)は5日、同所で原材料の麦芽を100%乙部産としたビールの仕込みを開始した。おととし8月に製造して以来、1年半ぶり2回目となる。
 原材料の町内産比率を上げ、より乙部の風土や土地を感じてもらおうと企画。仕込み水は、グループ会社「命水乙部ボトラーズ」の製造した姫川水系のミネラルウオーター「ガイヴォータ」を使用した。
 この日は、適温まで熱したガイヴォータに麦芽を投入し、麦芽のタンパク質とデンプンを分解する「糖化」とよばれる工程や、糖化後に出来た麦汁から濁りを取り除く「ろ過」作業などを行った。
 竹田醸造長は「少しでも多くの方に、乙部の麦の良さを知ってもらいたい」と話し、寺島裕亮製造主任とともに仕込み作業を続けた。完成は、ホップの投入や発酵、熟成などの工程を経て4月頃となる見込み。(入江智一)

      食品・飲食

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト